より正確に実力や実績を推し量る

より正確に実力や実績を推し量る

内情をいってしまえば「審査の仕事だけでは仮借しないのでコンサルも片手間にやっている」事が多く、対応が悠長、提案レベルがない場合がほとんどデス。特段“実績○○件”という数字については要注意デス。

コンサルタント専業で30代〜40代のコンサルを多く擁している会社が、一番間違いない選択と言えるとおもいます。担当コンサルタントに事前に緊密会って質問しておくのが重要なのは、更に正確に実力や実績を推し量るために違いありません。

コンサルタント個人の場合だけでなく会社の実績紹介の際にも言える事なので、満足注意をして下さい。コレは直接会ってみなければ分からないことです。

Pマーク関連の業務だけではなく、ISO関連などそれ以外の案件を合計して訴え掛けてるケースもあります。既にひとつ「Pマークの審査員資格保有」を主張してる高齢のコンサルティングも注意が必要デス。

いつも厳しい場合は、信用獲得のために虚偽の水増しをした数字を載せているケースもあります。例えばサイト上で良さそうに見えた会社があったとしても、実際に対面をしてツッこんだ質問してみると、納得出来る答えが返って来ない、隴門戟乂な返答でごまかされるというようなことはざらにあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ