きちんと管理運営していくためのシステム

きちんと管理運営していくためのシステム

自分のところの社員が盗み出したり、業務をアウトソーシングしてる会社からもれたり、セキュリティ管理のしかとしてないサーバーから盗まれたりと原因も諸般だけれど、ISMSとは、そんなことが起こる前に「どのような情報を持っているのかをきちんと把握し、どんなところで情報が盗まれたり流出する危険性があるかを考えて、荳肴駐不屈管理するシステムをつくりましょう」というのが大きな目的になるわけデス。こんな事件を起こした会社は、お客の損害を補償をしたり、社会的信用を失ったり、情報の流出はとにかく莫大な損失を被る危険性があるわけデス。

日本語では「情報セキュリティマネジメントシステム」と訳されています。あとちょっとかみ砕いて言うと、「主として企業や自治体、各種の団体などの組織が、自分のところで持っているいろんな情報を、犯罪や災害から守って、きちんと管理運営していくためのシステム」という事になります。

ISMSは、InformationSecurityManagementSystemの頭文字をとった略語で、「イスムス」と発音をします。日本語の訳語を文字通り解釈をすると、ISMSとは「いろんな情報を犯罪や災害から守って管理していくためのシステム」となります。

何故ISMSが必要かというと、たとえば、お客の住所やクレジットカードなどの個人情報が流出して、流出元の会社が謝罪してるニュースをよく見ますよネ。


ホーム RSS購読 サイトマップ